2017年4月25日 (火)

クルコンの上限撤廃(^o^)/

国沢師匠の記事で知りました!
クルコンの上限が撤廃されたんですって!

こちらの記事

クルコンの設定可能車速、国産車も上限撤廃に

こりゃ、よかった。

自分のV37スカイライン・ハイブリッドも
アダプティブクルコンがついていますが、
上限は114㎞/hです。たしかね。

いっつもセットしていて、
うーん、この根拠って何だろ?って思いながらも
目的地に着いちゃうと
次のことが待っていて、あらら・・・後回し・・・
ってな状態だったんです。

なんでも自主規制だったらしく、
国交省も別にぃ?みたいな・・・(^^;)

お役所の顔色をうかがうのは
今も昔も同じかもしれませんが、
「自主規制」ってものを洗い出してみれば、
案外、根拠がないものだったりしてね。

日産自動車さん!
せめて、スカイラインやフーガの114km/hの設定を
180㎞/hに変えてくださいな。
たいした書き換えじゃないと思うんですけどね。

2017年4月24日 (月)

今日は4月24日 スカイラインの誕生日

今日、4月24日スカイラインが生誕60年を迎えます。

こちらの写真は日産自動車のサイトから

20170422_222314

還暦ですか!
赤いスカイラインも宣伝用にはよかったかもね(^o^)

販売台数が全盛期の40分の1って記事がありますが
どこが書いたかと思ったら、某新聞社でした。

はいはい。もういいです。

今のV37はインフィニティQ50として売られていて
北米を中心に海外では、そこそこ売れているんですけどね。

それから、価格帯が全く違いますよ。
もはやクラウンと肩を並べているのですから。
ま、クラウンほどは売れていませんけど(^^;)

スカイラインって、
それぞれのモデルでイメージが異なるので
あんまりスポーツとか若者に売れる!とか
違うんですよね。

思い出してみると・・・

箱スカって、スポーツかつ高級車のイメージ

ケンメリやジャパンは、若者のステータスみたいなイメージ
・・・それは、ソアラに近いかも?

ニューマンは、安部恭弘さんの音楽と共に爽快!

鉄仮面は、モータースポーツ!GT-Rの再来を期待させました。

7thは、ちと路線が変わっちゃって、勘違いな高級車路線。うーん残念。

R32は、小型軽量化して、よく売れました。GT-Rも出てきましたし。

R33は、GT-Rはあんまり評判良くなかったですが、
R32がコンパクトすぎたので、また、少し大きくなって、バランスがとれてきましたよね。

R34は、箱スカのイメージも出たのですが、無骨なデザイン過ぎ?

R35は、おっちゃんグルマになっちゃった。

R36は、35のおっとりのイメージを変えることには成功しました。

そして、V37。インフィニティ路線で価格帯がグンと上がりました。
でも、僕はそのハイブリッドと高い安全性とスポーツが
贅沢にバランスされていて、とっても好きです。

日産自動車のサイトでは歴代モデルを見ることができますし、
イベントも行われますね。
自分も近くだったら行きたかったな。
行かれる予定の方、楽しんできてくださいね(^o^)

最後に、スカイライン!誕生日おめでとう!

2017年4月23日 (日)

SmaStation 中居さんと香取さんの共演(^o^)

昨日のSmaStationご覧になりましたか?
香取慎吾さんの情報番組で
テレビをあんまり見ない我が家も
子どもたちも中学生、高校生になって
週末にみんなで楽しんでいます。

昨日はあの中居正広さんがゲストとして出演!
香取慎吾さんとSMAP仲間の共演ってこともあって、
ファンの人は楽しんだでしょうね!

よかったです!

ご飯の友の特集だったのですが、
中居正広さんがほぼ唯一?でしょうか
本音で「うまい!」ってコメントしたのが
北海道の鮭キムチでしたよね。

自分も知らなかったので
(よくスマステを見て、買う商品があるんです)
ネットで注文したらですよ・・・

中居正広さんの発言の後、
あの某大手通販サイトの鮭キムチが
なかなか注文できなくなってしまうほどの
大混雑!
サーバが一時対応できなくなっていました!

それだけ、みんなが注目した発言であり、
一言の効果がこれだけとは!

この番組も17年になるんですね!
これからも香取さんと小林克也さん、大下容子さんの
絶妙なタッチとこの貴重な生放送を楽しみにしています。

2017年4月22日 (土)

こんなテールパイプもたまらん!ニューコルベットがニュルへ

今日はちょっとタマゲタ排気管を見たので・・・
ソースはいつものAutoBlogさん

こちらの記事

写真はその記事から

これはノーマル(以前のタイプ)

20170421_150323
これはそれの上を行くものです。

20170421_150429
このテールパイプ!
スゴいっす!

きっと何らかの排気システムを試しているのだろうなって
思います。
その舞台がニュルですから、
パワーとの両立を図ろうとしているのでしょう。

アメリカからモノを買う!

それがますます加速しそうな昨今の情勢です。
でもなあ、日本のクルマのマーケットはこれから厳しいだろうからな・・・。
交通の「足」としてのクルマが必需品の
地方で、アメリカンなクルマたちが闊歩することは
あまり考えられないけどな。

コルベットも「乗ってみたいクルマ」ではありますけどね。
スープラなども出てくるので、
こういったクーペは世界中では流行るかもしれません。

2017年4月21日 (金)

明神丸さん!カツオの塩たたき!

高知に行ったら、
やっぱりカツオのたたきです。
それも藁焼きの塩たたきで決まりです。

ひろめ市場が有名ですが、
その側のメインアーケード、その周辺にも
カツオのたたきの有名店はたくさんあります。

自分はホテルのバイト風のお兄さんと
いろいろとお話しして、
明神丸さんに決めました。
ま、いろいろと歩いてみたんですけどね。

その藁焼きの風景がこちら・・・

myoujinkaru.m4vをダウンロード 

手際よい調理ですよね。
見事な手さばきでした!上手い!!

そして、出てきた塩たたき

Img_1612

塩ばかりではなく、
ニンニクをはじめ、
ミョウガやネギなどいろんな薬味もあって楽しめます。
翌日までこの塩たたきの味を舌が覚えていて
とーっても美味しかったんです。

それからこちらは、ウツボの唐揚げ!

Img_2523

こちらが明神丸さんのWebサイトです。

高知に行かれたら、一度は行ってみて
塩たたきを味わってみてくださいね!(^o^)/

2017年4月20日 (木)

バーナーで炙り料理に挑戦

先日、よく行くスーパーが
高知県フェアをやっていまして、
「わら焼きの塩カツオのたたき」を買いました。

自分は先日、高知に行って
明神丸さんのわら焼きの塩たたきを
食べたんですが、
家族はまだ食べてなくてですね
・・・すまんm(_ _)m子どもたちよ!カミさんよ!

そこで少しでもカツオのたたきの
わら焼きの風味を味わってもらいたくて
炙ればなんとか・・・ってことで
バーナーを買ってきたんです。

よくいくディスカウントストアには
2種類のバーナーがあったのですが
自分はSOTOのバーナーが少し伸びて曲がっているものを選びました。

これです。

Img_1742

炙りやすそうだったからなのですが・・・

これは大正解でした。

とりあえず
食卓にごはんなどを一通り揃えて、
家族みんなが集合!

温かい状態で出したかったので、
食べる直前に用意しました。

バーナーにガスボンベをねじ込み、
フライパンに買ってきたカツオのたたきを置いて、
着火!
ゴオォと音を立てて、炎が出て、
それをカツオに当てていきます。

カツオの脂が溶け出し、
カツオのたたきの藁の風味が出ていきます。
両面をしっかり炙ったら、完成!

もちろん、作りたてというわけにはいきませんが、
塩たたきの風味が味わえますし、
食べ終わった後もカツオの美味しい風味が
口に残っていることがわかります。
皆さんもどうぞ炙りをお試しあれ!

そうそう、明神丸さんのことも書かなきゃ!

2017年4月19日 (水)

腕時計で血糖値を測れるとしたら!AppleWatchで長寿社会

健康・・・
私たちはこの言葉にとっても弱いですよね。

これまでアップルも研究を進めてきた
採血せずとも血糖値を測ることができる
センサーをいよいよApple Watchに搭載するのではって
ニュースがここ数日流れていました。

ここではギズモードさんの記事を掲載しておきますね。

Apple Watchが血糖値を測定。Appleの秘密のチームが、先進的なヘルスケア機能を開発か?

もし可能になったら、
こういったスマートウオッチの市場を拡大させる起爆剤になりますよね。

自分も定期的に血液検査が必要な人間です。
食事の後などに、どれくらい血糖値が上がるのか
そして、下がるのか、
それをApple Watchが教えてくれるとしたら・・・
そりゃ!とってもありがたいです!

糖尿病の予備群って至る所にいらっしゃいますもんね(^^;)

健康って、ほんと
自分の生き死にに関わりますからねぇ。

テレビ離れといわれますが、
テレビ番組を眺めるとあるわあるわ
健康志向番組が!
〜〜〜〜が健康に良い!カラダに良い!ってね。
それから
自然食品・・・などの通販も盛んですよね。
粉末を溶かした汁を飲んだり、
錠剤になってます!って口にしたりするだけで健康!

お手軽な健康法や生活習慣病予防の方法などに
関心を寄せる人はとっても多い。

このヘルスケアに関する市場って、
ネットで調べてみたら出るわ、出るわ!

こちらの富士通総研のサイトも参考になるかも?

ヘルスケア産業における新しい価値の創出

記事によると・・・
「市場規模は、2025年度には医療分野で60兆円、介護分野で20兆円、健康・生活支援分野で20兆円超になると予想され、大繰りにすると100兆円規模の成長産業と捉えることができる。(【図2】)」
って、あります。

これから進む「長寿社会」。
僕は高齢社会ではなくて、
「長寿社会」って言葉が良いかなって思いますが、
ICTがパソコンやタブレットを使いながら、
ますます広がっていくためには
やっぱ、この健康分野ですかね。

2017年4月18日 (火)

はい!来ました!テスラのピックアップ!

アメリカってSUV天国。
でっかいピックアップが一番売れていますよね。
自動車メーカーにとって絶対に外せない部門です。

GMもフォードも、トヨタも、日産も
ここには注力する分野です。

さて、先日イーロン・マスクさんが
ツイートしました。こちら

早速、予想される姿もWebに
記事はこちら

Tesla、ピックアップトラックを2年以内に発表へ。Model 3の最終デザインは7月に

20170417_215800

テスラ顔を表現したものになっていますが、
そのまんまかも知れませんし、
SUVだから!って
デザイナーはよりアグレッシヴにデザインしてくるかも知れません。

でも、大型SUVなら床下にも余裕があるでしょうし、
もしラダーフレームなら
よりバッテリーを敷き詰められるかも知れません。

テスラの自動車メーカーとしてのねらいは
ドンピシャでしょう。
グオオオ!って走るアメリカンSUVが
ヒューンって走ってくる時がすぐそこです。

リーフもテスラのようにバリエーションを増やして欲しいなあ。
ワゴンでも良いでしょうし、
スポーツに振ってもいいでしょう。
インフィニティのSUVも面白そう!
期待してます!日産自動車さん!

2017年4月17日 (月)

千葉の事件に思う・・・電費の良くなる春の到来!

昨日は汗ばむくらいの暖かい春の日でしたね。
そんなのどかな今年の日本の春を
ベトナムからやってきた御家族
その女の子は楽しむことができませんでした。

かつて、私がお世話になり、多くの友人がいるベトナム。
事件は、そのベトナム人のとあるご一家に起きました。

お亡くなりになったリンさんのお名前には
「日」という文字があります。
「ニャット」ということばです。
ベトナム語で、「日本」を「ニャット・バン」といいます。

温かく、強いお日様のような子・・・
信頼する日本との関係もあるとお父さんの弁。

世界で活躍する日本人の皆さんにとって
このような事件が起きると
その信頼関係にちょっと不安がよぎるかも知れません。
でも、日常の人と人とのつながりがあれば、大丈夫です。

僕もベトナムの友人たちに
SNSを使って、気を悪くされないように連絡しました。
日本人を好きに思ってくれているベトナムの皆さん。
僕たちもベトナムの皆さんのことが大好きです。
リンさんのご冥福をお祈りします。



さて・・・

電気自動車リーフ・・・
初代を買ったのが6年前の2011年の春。
リーフ30に乗り換えて初めての春になります。

春になると電費が良くなります。
そう、V37スカイライン・ハイブリッドも同じです。
ま、クルマ全般、燃費も良くなりますよね。
電費計や燃費計を見るのが楽しみになります。

昨日は朝から子どもの部活動の送迎、
カミさんとの買い出しを午前午後の2カ所
それから知人宅への訪問などなど
走った距離は、80㎞程度です。
暑いくらいでしたので、エアコンは22℃に設定していました。
昨日の朝はフル充電でしたから、
エコモードスタート時は走行可能距離は205㎞と表示。
現在、140㎞程度と表示されています。
素晴らしい!
乗り換えたのは気分的には正解でした。
きっとバッテリーを交換された方も同じですよね。

ただ、今は、バッテリーの劣化に対して、
その保障は薄く、元に戻すための経済的な負担が大きいと思います。
いつか国沢師匠も書かれていたように
日産自動車にはもう少し手厚くサポートしてくれることを希望しています。

2017年4月16日 (日)

熊本地震 本震から1年・・・

1年前の未明の午前1時25分頃
震源地から離れた自分の家も
突然の地鳴りに目が覚め、
緊急地震のアラートが鳴り響く中、
2日前とは全く異なる大きな揺れに襲われました。

地鳴りがした瞬間、
カミさんと飛び起き、来る!来る!って声をかけあったのを覚えています。

その後、津波に関する情報が流れ、
少し高台にある我が家の近くには大きな運動場やサッカー場があり、
海の近くの人たちが避難するクルマであふれていました。

幸い津波はなく、ホッとしたのですが、
その頃、震源地近くの益城町や揺れが大きかった
西原村や御船町、そして、阿蘇で大きな、大きな被害が出ていました。

前震の後、もう大きな地震は来ないだろうと
避難所から自宅に戻った方で
この本震による自宅の倒壊でお亡くなりになった方が大勢いらっしゃいます。
また、前震から続いた余震のために、
自宅に帰らずに車中泊や避難所に残り、難を逃れた方もまた大勢。

自分はすぐに職場に出ていこうとしましたが、
上司がまだそこで待て!と。
もっと大きなことが起きるかも知れない・・・
前震から
まさかの本震に皆がおびえていたのです。

これからが復旧であり、復興に進む!という
意識が国民の皆さんにあり、
熊本はいろんな面で支えていただいています。
少しずつ、日常が戻ろうとしています。

しかし、まだ4万人という皆さんが
自宅ではなく、仮設住宅などで過ごしておられます。
隣との防音に悩み、家庭学習のままならない
子どもたちがいます。
地震後、数年経って、荒れる子どもたちも出てくると言います。

また、孤独なまま過ごし、死に至る方もいます。
今まで過ごした地域や家から離れるという決断を下す方もいれば、
なんとか家を建て直そうとがんばる人もいます。

坂道もいつまでも上り坂は続きません。

私たち、人には「自己回復力」があり、
苦難にも柔軟に対応する「レジリエンス」があります。
私自身もそれを感じることがあります。

でも、1年経った今も、あの光景を思い出し、
ボランティア等で出会った方々を想うとき、
自然と涙が溢れることがあります。

そこにほんの少しの皆さんの支えがあれば、
自己回復力は飛躍的に高まるのです。

どうか、これからも熊本への支援を心からお願いする次第です。
私たちも東北をはじめ、さまざまな皆さんと
一緒に歩きます。
どうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m

筆者 拝

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索