2017年9月21日 (木)

よかった!売れてるよ!新型リーフ!(^o^)/

新型リーフが予想以上に売れているみたいです!

こちらの記事

<日産>新型リーフ本格生産開始式典 受注は4000台超

9/19(火) 19:34配信


記事から引用させていただきますと
・・・日産自動車は19日、10月2日発売する新型の電気自動車(EV)「リーフ」の本格生産開始を記念する式典を同社追浜工場(神奈川県横須賀市)で開いた。西川広人社長は式典で新型リーフの受注が4000台を超えたと・・・

キリッとした顔とお尻のデザインは
フツーになったとも言われますが、
その「フツー」がとっても大事。
「フツー」であった、ちょっぴりスパイスがきいて、
「これだったら、乗れるね!」みたいな
感覚がとっても大事かと。

ただ、ちょっと心配なのは
先代のリーフも発表時に大きな反響を呼び、
バックオーダーを抱えて
納車まで相当な時間がかかったことを覚えていらっしゃいますでしょうか?

だから、この新型リーフも
登場した今がそれだけの受注を抱えたとしても
それが1年後、2年後にどうなっているかはわかりません。

もしかして来年出るという60kWhのモデルは
それを見越しているのかもしれません。

2017年9月20日 (水)

今日は、iOS11の日!!!

皆さん、おはようございます。
めっきり秋の到来を感じさせる日々ですね。
台風の被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。
どうか無理をせずに、ボランティアの皆さんと共に整理等をされてください。
あせらずに。

さて、今日は・・・
タイトル通り、Appleから新しいiOSが発表されます。
iOS11になります!

アップデートは
iPhone5s・・・
iPad Air 第5世代・・・
iPad mini2・・・
iPod 第6世代・・・の以降

iPad Proが対応しています。

このばっさり切るという対応は
アップルらしい、これがアップルだよって対応なので
ご存じなかった方は怒らないでくださいね。

こうやって、セキュリティを保ち、
ハードウェアとソフトウェアのバランスを取りながら
最高のサービスを届けるのがモットーですから。

いろんな機能がありますが、自分が期待しているのは
これ!

20170919_213525

そう、フォルダ管理ができるという点!

いろんな人から相談を受けていたんですよね。

撮った写真やアプリで作ったファイルをフォルダに入れて管理したい!

ということについて。

だって、放り込んでおくだけじゃ
保存した目的の情報を
サッと見たいときや
編集したいときに、検索するのって大変ですもん。

いつものGIZMODEさんに記事がまとめてあります。
ぜひ、ご確認を!
こちら

【明日リリース】iOS 11で追加される、24の新機能まとめ


上の写真はこの記事からです。

そうそう、バックアップをとってから
アップデートしましょうね!!!

2017年9月19日 (火)

ハイラックスのTRD、サーフが来た!

台風が縦断しました。
皆さん、いかがですか?大丈夫でしたか?
九州は昨日はまさに台風一過。
日なたは汗ばむくらいになりましたが、
日陰はとっても涼しくて過ごしやすい一日でした。
自分は家で壁紙を補修したり、
子供たちの部活動の送迎をしたりして過ごしました。
途中で通りかかった動物園の近くは
駐車待ちのクルマで大混雑でした。

さてさて、今日もハイラックスのお話です。

そーなんですよ。カワサキさん!(って古いネタですみません。)

ハイラックスにはやっぱりサーフってトヨタも考えていたようで、
TRDにそれを任せちゃったから、さあ大変!

どえりゃあ、かっこいいクルマになってますよ!

こちらのTRDのサイト

そして、写真はこのサイトから20170918_215121

20170918_215054
白いボディってまさにトラックじゃんって思っていましたが、
これならいける!
ええっ!
バーフェンも付くの?
スポーツバーも
それから、キャノピーも!

総額が恐ろしいことになりそうですが、
こりゃ、サーファーさんはこれを乗り回すでしょうし、
ジェットスキーに乗る人も
ヒッチをつけて出かけるでしょう!

けっこう売れる!って予感がします!!!!!

おいらも乗ってみたい!!!!!!!

2017年9月18日 (月)

うーん 師匠もハイラックスに来たかぁ(^o^)

台風が通過しています。
連休の日本を縦断する台風に頭を抱える人も多いかと・・・。
被害に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。
お米や梨・・・などなどの農作物は
収穫前の追い込みの時期でもありましたから。


さてさて・・・
なーんか気になるクルマ・・・
先日のミニバン・・・セレナのe-Power。

そして、老後の趣味を考えると
ピックアップも考えちゃいます。

そうしたら、久々に出てきたよ〜。
トヨタのハイラックスが!

こちらが公式サイト!

写真は公式サイトから20170917_215307
自分がまだ駆け出しの頃、
ハイラックスが流行っていました。
自分はその後、テラノを買いましたが、
ハイラックスがライバルでしたね。
どちらもトラックがベースでした。

テラノにはありませんでしたが、
ハイラックスのピックアップは当時もなかなかかっこよかったですよね。

今回はかなりデカくなっていますが、
ディーゼルエンジンは良さげですし、
安全装備もしっかりしていますし、
デフロックがついた悪路走破性もOKでしょう!

荷台に草刈り機でも積んで、栗畑にも行ってもいいでしょうし、
釣りに行っても楽しいかと思います。

日産がどう出るかなぁ。
電気自動車の派生モデルをいろいろ出すって言ってますし、
テスラばかりにEVのバリエーションの先を見せられても
あんまり面白くないですよね。

まあ、クルマ馬鹿ですから!
いろいろともーそーするもの楽しいですもんね。

2017年9月17日 (日)

iPhoneと10年・・・これからも

皆さんはスマホやケータイは、どちらの製品をお使いですか?
自分はここでも書いているようにiPhoneを使っています。

10年前にiPhone3Gが出ましたよね。

ソフトバンクがサプライヤーになって
孫さんがグッと有名になりましたよね。
九州では福岡県のショップは在庫が豊富でした。

自分はそれまでパナソニックのテレビが受信できる
折りたたみ式のケータイを使っていましたが、
ここでiPhoneに時代を感じて、乗り換えたのです。

当時は、電車待ちなどでiPhoneを出して
画面を触って、ネットを見たりしている光景は
まだ珍しくて、周りの人たちから

何やってんだ?こいつ!?

みたいな受け止められ方をしていましたっけ。

今やappleにとっては日本は欠かせない重要な市場。
iPhoneも10周年モデルも出てきましたしね。
売れるんでしょうね。

それでもiPhoneの技術は最先端というわけでもなく、
Androidの後塵を拝することになっています。

スマホのサバイバルレースは非常に苛酷ですし、
値段もどんどん上がって、Macbookと変わりませんもんね。
高くなったなあ。

そろそろスマホの次を求める声も出てくるでしょう。
どんな風に進化していくのかとても楽しみです。

自分は仕事柄、もっといろんな人に優しくなって欲しいなって思います。
インクルーシブな社会の大きなツールになっていってほしいって。

AIがもっともっとデータを集めていけば、
音声認識の精度が上がりますし、翻訳ももっと使えるものになるでしょう。
これからがもっと楽しみです。

2017年9月16日 (土)

あたりの柔らかいオールシーズンタイヤ V37スカイライン・ハイブリッド

台風が迫っています。
みなさん備えはいかがですか?

息子たちの学校は今日が体育大会。
しかし、学校は台風接近のため、午前中で終わる決定をされました。

想定外はなく、もし、体育大会を強行した場合、
屋外で突風でも吹いたら、大変なことになります。
こういった英断はこれからますます必要です。



さてさて・・・

先日交換したV37スカイライン・ハイブリッドのタイヤは
ダンロップのランフラットSP5000になります。
よく見るとM+Sというオールシーズンタイヤです。

ブロックパターンが細かで、柔らかく、
減りは速そうですが、それ以上の満足が得られています。

それは、路面の当たりがとてもスムーズで
ロードノイズも小さく、快適であること!です。

純正のランフラットの固い当たりとは大違い。

峠を攻めたりすれば、踏ん張りなどが懸念されますが、
もとよりそんなに攻めたりしませんし、
安全で快適に走ってくれれば、それで良いのです。

オールシーズンタイヤは
スタッドレスには遠く及ばない雪道性能で
いざという時を凌ぐくらいなのですが、
ランフラットなのに柔らかく快適という利点もあります。

だから、ちょっと涼しくなってきた今、
V37スカイライン・ハイブリッドはとってもスムーズに走っています。

2017年9月15日 (金)

困ったもんだ・・・運転支援システムがついていても

運転支援システム・・・
各社によってその警告の出し方や
制御については違いがあります。

例えば
ステアリングの自動操舵についても
ある一定時間ステアリングから手を離すと
キャンセルされたりね。

さて、読売新聞がこんな記事が掲載しました。

こちらがリンク先です。

ハンドル握ったのは25秒だけ…自動運転事故

テスラの自動運転技術を使ってクルマを運転?していた方が事故でお亡くなりになりましたよね。
それに関して、米国家運輸安全委員会(NTSB)の見解に関する記事です。
引用させていただきますと・・・

何度も音声などでハンドルを握るよう警告したが、運転手は機能を過信し、十分な注意を払わなかったと指摘している。一方、長時間、ハンドルを握っていなくても、自動走行できるようにしたテスラの設計が、運転手の過信につながったと結論付けた。その上で、自動運転は限られた条件でしか使えないようにするなどの対策が必要との考えを示した。

考えさせられますよね。
私の場合、V37スカイライン・ハイブリッドで運転支援システムを使います。
まあ、よく反応します。
システムは1台前のクルマの動きも見ていますし、
高速道路(70km/h以上)ではステアリングもアシストしてくれます。
V37スカイライン・ハイブリッドの場合、
ステアリングから手を離す時間制限はないんですが、
その分、レーンキープの力が弱くしてあるようです。
この運転支援システムを使う時って、
のんびり運転しているかというとそうではなくて、
逆に自分も感度を上げている場合がほとんどです。

クルマが支援してくれているのはよくわかるけど、
何かが起きるかもしれないから気をつけておこう。

そんな気持ちなんですよね。

ところが、人によっては、
「なぁーに、クルマが勝手にやってくれるぜ!」って
クルマの警告を無視してしまうんですよね。

そうなると・・・

はぁ。困ったもんだ。
あくまでも「支援」ですもんね。
機械が判断するのですから、万能ではありませんもんね。

2017年9月14日 (木)

気になるミニバン セレナe-Power

昨日もちらっと書いたセレナのe-Power。

東京モーターショーで紹介されるのでしょうかね?
値段がちと高めのセレナですが、
ノートの売れ行きを見て、
良心的な価格設定がされるといいなって思っています。

なんでミニバン?って思われた方もいらっしゃるかと思います。

リーフとスカイラインの2台体制の我が家なのですが、
最近80を越えたお袋がちょっと衰えてきたなって感じることです。

今のところ、リーフ、スカイラインの
前後どちらのシートにも
とりあえず、お袋は座ることができます。
まぁ、自分と一緒に栗の畑の草刈りなどもやっているぐらいですから
とっても元気。

でも、やがて・・・たぶん数年後ですが、
よっこらしょが
手を添えて、支えてクルマの乗り降り・・・ってなるだろうから
ミニバンが楽かなって思うのです。

10年くらい前に
105歳まで生きた祖父をメルセデスのV350に乗せたことを思い出します。
104歳くらいだった祖父の手をとり、支えながら、
スライドドアのステップの下に足を乗せる台を置いて、
ゆっくりと乗ることができました。
祖父の体力も凄いけど!

いずれ訪れるその時も考えたクルマ選びもしなくちゃなって思っています。
で、セレナのe-Powerも気になるってお話でした。

もちろん、e-NV200の進化版も気になりますよね。
30kWhの搭載を見送ったのですから、
新型のリーフ40kWhを搭載してモデルチェンジしても良いんですよね。
それに100Vの外部電源プラグを用意して・・・。

2017年9月13日 (水)

やっぱり来た!人間ドラレコ

ドライブレコーダー!
皆さん、付けておられますか?

自分はリーフ30には購入時に付けました。
あんまり見ないけど(^^;)

もしもの時のドラレコですよね。
自動ブレーキと同じ。

移動中の出来事を記録して、万が一の時の証拠とする!

たぶん出るだろうなぁ・・・
なかなか出ないなぁ・・・

って思っていたのが、「人間用のレコーダー」です。

そしたら、カナダから出ましたよ!
それも、名前は「Shonin」。
そう、「証人」ですよ。皆さん!

英語で、証人って、a witness。
目撃者って、an eyewitnessなのですが、わざわざ「Shonin」って付けたぐらいですから
日本を意識しているのでしょう。日系の方?

LTE用のSIMカードを取り付ければ
「Shonin」のデータは破壊されるまで
クラウドに保存されて、証拠隠滅を防ぐことができます。

そんな事件に巻き込まれることは恐ろしいですけど。

ソースはこちら

人間用のドライブレコーダー「Shonin(証人)」

これって、
堂々とつけていれば、人間ドラレコだなってわかりますけど。
いろんな交渉事にもICレコーダーに代わるものにもなりますし。

プライバシーの権利や
肖像権やらいろいろと利用の仕方には課題も出てきそう。
面白そうだけど、ヤレヤレ・・・。

2017年9月12日 (火)

新型リーフのニスモ?!

昨日、リーフの60やニスモバージョンが
本命ではないかと書きましたけど、
やっぱり、それを期待する人は世界中にいるみたいです。

いつものAutoBlogGreenさんにまあかっこいい新型のリーフ・ニスモの予想図が出ています。

こちらの記事

Want a Nismo next-gen Nissan Leaf? Here's what it could be like

写真はこの記事から!

20170911_223643

20170911_223652
ニスモって赤いラインですが、
この青もありですよね。

リップスポイラー、
ブレーキキャリパー、
カーボンミラーのキャップ、
リアのダブルスポイラー、
同じくリアのディフューザー・・・

ねっ!
こりゃ、格好いい!
すごい!
これなら欲しい!
V37スカイライン・ハイブリッドを売り払っても良い!って思っちゃいました。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索