2019年4月23日 (火)

BBIQのブログのサービス停止 追記

BBIQのブログが7月31日でサービスを停止します。

こちらに書くことはもうあまりないかと思います。
アメーバに書こうと思っています。

追記

BBIQがSeesaa ブログを推奨しているので
Seesaa ブログに一旦移行します。

よろしくお願いいたします。

筆者 拝

2019年3月28日 (木)

春の到来と阿蘇

すっかり、仕事場となっている熊本県の阿蘇。

先日、外輪山では大規模な野焼きが行われました。

写真のように
今まで枯れたススキの平原が真っ黒。

2eb0f772a880454f87b818279a377fe0

これから春の芽が顔を出していきます。

各地で桜の便りも聞かれ、皆さんも今週末はお花見ですかね?

ドライブも楽しい季節。
くれぐれも安全運転で!

2019年1月31日 (木)

やっぱり、キノコミラーがないとね。

ランドクルーザープラドの最上位機種には
キノコミラーはありません。

マルチテレインモニターがついているからです。

また、クルマの運転席から向かって
左側のドアミラーの付け根に広角カメラを後付けするキットも
販売されていて、車検対応らしく、
これつけたら堂々とキノコを外すことができます。

自分のTXのLパケには
キノコが付いているってことはお伝えしましたとおりです。

ちょっと早めにディーラーに立ち寄ることができまして、
昨日届いたキノコミラーを早速、付けていただきました。

やっぱ、このミラーがあった方がクロカン4駆らしいですわ。
スッキリしたボンネットもいいなあって思っていましたが、
今回、なくなってみて、
「あった方が似合っている!」って思っちゃってます。

これから、洗車機に入れるときはくれぐれも気を付けなければ!

でもなあ、洗車機の布ブラシがかからないから
クルマのフロントは
手洗いしてから洗車機を通すのが
ちょっと面倒なんだよなぁ・・・(^o^)

2019年1月30日 (水)

グローバル化とAI ナンバープレートって要らなくなる?

トヨタのスープラが出てきましたね。

日本でもそう多くは売れないでしょうけど
厳しい自動車業界にあっては、
夢を語れるようなクルマ=華が必要ですよね。

さて、このスープラのフロントの
どこにナンバープレートをつけたらいいのか?

国沢師匠が記事にしておられます。

こちら
2 日本の大きなナンバーがクルマをカッコ悪くする?
新型スープラはいったいどこに くるまのニュース 1/29(火) 10:30

私も日本のクルマ等のナンバープレートについては
大きさや形状といった規格から変更すべき時期に来たと思います。

今やスポーツイベント前に
軽自動車だって、白いナンバープレートをつけることが
できるという時代です。

先日も知人と話していて、
最近は軽だと思っていても、白いナンバープレートなんで
なんかなぁ・・・という話題になりました。

ここで一気にナンバープレートの規格も
「2020」を境に、
新しくしたらどうでしょ?

ヨーロッパやアメリカの規格に準じたら良いと思います。

その方がデザイナーにとっても朗報かと。

こういった方向がコストダウンにつながって
国際競争力も上がりますよね。
官民挙げて、裾野の広い自動車産業を支えなくちゃ。

民業は民業で・・・
というきれい事ばかりではすまない時代です。

ここからは、私見なんですけど、
これからのAIやARの時代を考えますと
そのうち、クルマにスマホなどのカメラを向けたら
登録情報が表示されるようになると思います。

ナンバープレートだって意味なくなる時代がもうきていると思います。

筆者 拝

2019年1月29日 (火)

洗車機にご注意を!!!!!

この写真、ご覧になったら・・・あらっ?

Img_0588

そうです。
俗に言う「キノコミラー」
・・・補助ミラー(アシストミラー)がないんです。

雪道を走った後にドロドロになりますし、
塩カリもたくさん跳ね上げていますので、
高圧洗浄で下回りまで流した後に、洗車機に入れました。

コーナーポールがあるクルマであること
ボタンで選択したはずでした。

もし、押し忘れても、センサーが働いて、
洗車機は止まるだろうと洗車機に入れたんです。

洗車機が動き始め、回転布ブラシが前方に来たら・・・

「ん?止まらないなぁ・・・そうしたら・・・

「バキッ!」

カランカラン・・・絶句・・・

見事にキノコのミラー部分がポッキリ・・・

あらら・・・しょうがないな・・・

洗車が終わると、ガソリンスタンドの係員がメモ用紙を持ってきて
深々と礼をして、「修理費用の全額を補償します!」

近くに購入したトヨタディーラーがあるので、
営業担当に連絡すると、すぐに手配します!
手際よく見積書をつくってくれて、
それをガソリンスタンドに持っていきました。

18,400円なり!

店長が対応してくれて、その場で現金を渡してくれ、
週末にはキノコミラーが届くことになりました。

今回はボディに傷が入らなかったのが、不幸中の幸いでしょうか。

皆さんも洗車機に入れるときに、キノコミラーにはご注意ください。

追伸
キノコミラーを折りたたんでも、あぶない!って店長が話してくれました。

筆者 拝

2019年1月28日 (月)

雪道、やっぱり強い ランドクルーザープラド

私が仕事をしている地域でも
先日、待望の?雪が降り積もりました。

たいした積雪ではなかったのですが、
早速、ダンロップ・ウインターマックスの実力を試してみようと
出かけました。

結果、すこぶる安定。

いつもの乾燥路と同じくらいの速度で走っちゃいそうなくらい。

いやいや危ない!危ない!(^^;)

圧雪路でストップする際は、
タイヤの停止直前にABSが働くことがありますね。
「ガガッ!」

これは他のクルマでもちょっと気分が良くないですが。

他は冒頭の通り、安定、安定。
のぼり坂では、パワーに押されてズルズル・・・ってなることも
ありましたが。その点くらいを気をつければ、安定なんですよね。

自分のウインターマックスは1年落ちを安く譲ってもらったんですが、
劣化も少なく、これで安心して走れます。

ただ、雪道を走った後は、ドロドロですよね。

また、前後のバンパーにセンサーをつけていますが、
前のバンパーに雪が付着して、それが反応することがありました。
きっと雪国の方でセンサーをおつけの方は、気を使っておられるかもしれません。

筆者 拝

Fullsizerender

Fullsizerender_2

2019年1月16日 (水)

新型スープラを見ていて思い出すクルマは・・・

出ましたね!新型スープラ。
僕たち、ヲヂサンたちにとってセリカXXの発展系です。

セリカも好きなクルマだったなぁ。
小学生の頃は、今でいう、ダルマ・セリカの1600GTに憧れていました。

さて、新型スープラ・・・。

一度は試乗してみたいなぁ・・・ってクルマです。

国沢師匠も記事にしておられますが、以下です。

新型スープラのデザインどうよ?


僕はなーんかあのクルマに似ているバランスだなあって
思っていました。

思い出すのは・・・!

BMWのZ3のMクーペです。
そう、かつてのドイツ軍の鉄兜みたいなクルマです。

ロングノーズで
キャビンが後退していて・・・スパッとテールを切ったコーダトロンカ。

ま、スープラの方が肉感的ですけどね。

BMWと組んだことにも頷けるように思っています。

皆さんはどうですか?

筆者 拝

2019年1月13日 (日)

法廷ドラマが流行ってますよね。

最近、裁判ドラマが多いですよね。

先日放送を終えた、織田裕二さんと鈴木保奈美さんの「SUITS」や
米倉涼子さんの「リーガルV」もそうですし、
13日も常盤貴子さんの「グッドワイフ」でしたっけ?
「下町ロケット」も法廷場面が入っていましたよね。

僕なんかは、かつての「12人の怒れる男」が特に好きだなぁ。

皆さんも好きな法廷ドラマがありますか?

今の傾向を、僕は時代劇のドラマ版だと思っています。

今も昔も、勧善懲悪はみんなが好き。
ハリウッド映画もそうですよね。

それをときどき、本当の政治問題にしてしまった戦争もあったとかなかったとか?
ま、それはそれくらいにしておいて。

正義と悪の構造はわかりやすいし、時として、私たちを虜にします。

でも、それはドラマや映画に任せておけばいいです。

現実世界と混同しちゃうと・・・

アメリカの動き、ヨーロッパの動き・・・アジアも・・・。
ちょっと心配だな・・・って思っていらっしゃる方もきっといらっしゃると思います。

なんか短絡的な動きが多いしね。

法廷ドラマが流行っていて、それを楽しんでいる・・・娯楽として。
それは、私たちの国だけで十分です。

2019年1月 9日 (水)

LEAF e plus が出ましたが・・・

昨日、現行LEAFに62kWhのバッテリーを搭載した
e-+(plus)が発表されましたね。

ゴーンさんの件でいろいろとあったので
11月からずれ込んだわけです。
(まだまだゴーンさんの件はもめそうですけどね(^^;))

さて、このe-+は大きなバッテリーを積んで
走行可能距離は

JC08モード・・・ 570km
WLTCモード・・・458km

ともう十分になりました。

でも、車重も増えてノーマルの1520㎏から
なんと160㎏も増えて、1680㎏になっちゃいました。

このあたりはオートックワンのこちらの記事を参照ください。

日産 リーフ e+(イープラス) 試乗|航続可能距離570kmをマーク!

明日の朝には国沢師匠からも記事が出るでしょう。

先代リーフのエアロスタイルに乗っている私は
「まだ買いかえません!」

理由は一つ

現行のシャシーではバッテリー冷却システムを搭載できないから

です。

上記の記事でもハイパワーの上に重量増で足回りのバランスが良くないことを
指摘しています。

こんだけバッテリー劣化が問題になっているのに
バッテリー冷却システムを搭載せずにいるんですもんね。

やっぱ、次世代のEVまで待ちです。
社会的な認知が進み、中古車市場が確立されていかないと・・・
ランドクルーザープラドほどのリセールも歯が立たないですしね。

乗り換えの際に価値がないクルマはもうごめんだなぁ・・・。

2019年1月 6日 (日)

まだ見ぬ雪とダンロップ・スタッドレス

冬とはいえ、比較的暖かく雪を見ない日が続いている
熊本県の阿蘇地方です。

昨年の春から主な仕事場になっているので
ランドクルーザープラドにとってピッタリ。

先にこのブログでもお伝えしていたように
昨年11月には、ダンロップのスタッドレスタイヤ
ウインターマックスに履き替えて、急な降雪に備えています。

雪に不慣れな自分にとっては
昨年末から現在に至るまで積雪ある道路を走ることがないので
ちょっと安心しています。

こうやって降雪がない道を走っているわけですが
気になるのはスタッドレスタイヤの摩耗です。

で、どうかといいますと
結論は、減りに強いってことです。

サイプが刻まれたトレッド表面には
細かいパターンがありましたが、それはほぼなくなりました。

でも、タイヤの角のショルダーもしっかりとしていて
いつ雪が積もっても大丈夫!って伝えてきてくれています。

北海道からは大雪で空港のダイヤも混乱しているとのこと。
こういったタイミングにあった方々にはお見舞い申し上げます。

1月のこれからはどうでしよう?
きっと1月末から2月にかけて、降雪があるでしょう。
そのときに備えて、走るルートなども備えておきたいと思います。

筆者 拝

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索