2018年3月24日 (土)

しばらくブログはお休みになることご勘弁をm(_ _)m

異動の内示がありました。

今よりもはるかに職責が重くなります。

しばらくはその準備をしますし、
4月からは新しい仕事に没頭せねばなりません。

しばらくお休みになるか
断続的な更新になるかと思います。

皆様、ごめんなさい。
お許しください。

筆者 拝


2018年3月23日 (金)

シンギュラリティ・・・情と理で・・・自動運転事故

国沢師匠が
今回のウーバーの自動運転車の事故について
解説をしてくださっています。

皆さんもお読みになったかと思いますが、
こちら

ウーバー車の死亡事故、動画が公開されました。

事故直前までを公開してありますが、
恐ろしいですよね。
映画ではなく、実際に起きた大きな事故ですから、
小心者の自分はドキドキしてしまいます。

テスト車両に乗っていた
ドライバーの驚きよう・・・
そして、不幸にも衝突してしまった方・・・

特にお亡くなりになった方へは心からお悔やみ申し上げます。

トヨタ自動車はテストを一時中止したとのことでしたが、
さもありなん。

息子は実験で人が亡くなったのか!!!!!って。

しかし、私たちはこの事故を感情的に捉えながらも
理性的に見つめる目が必要だと思っています。

自分は物事を処理する際に「情と理」で見つめる目が必要だと
心がけています。

そう、この痛ましい事故に思いをはせることがもちろん大切ですが、
理性的な視点も大切なのです。
そうでなければ、この技術は再び事故を起こしてしまう。

それをこの国沢師匠は記事を通して示してくださっています。
師匠が指摘されているように
このクルマはレベル4にあったということで
これは人工知能をそう簡単に信じることができないという
証明にもなったように思います。

シンギュラリティ・・・その時代が来るという人もいれば、
来ない!という人もいます。
今、AIが再び大きく進化していることは間違いないのですが、
今のままでは、思ったようには進まないのではないかと
自分も考えてしまいます。

筆者 拝

2018年3月22日 (木)

元気よく走ろう!ランドクルーザープラド

私のランドクルーザープラドは
2.7リッターのガソリンモデルです。

燃費が悪いでしょう?ってよく言われます。

そうです。
だいたいリッター9㎞台で走っています。
リッター10㎞になることは滅多にないですね。

数日間使ってきて、気が付いたことがあります。

それは・・・

元気よく走ろう!

ってことです。

2.7リッターのガソリンエンジンは
走り始めは2トンのボディをグオオォ・・・って音をさせてます。
でも、しっかり速度をのせると、あとは大丈夫。
プラドはスイスイとハンドリング良く、
コーナーでも
速度は落ちるけど、
V37スカイライン・ハイブリッドと同じようなライン取りをしています。

うーん。侮れない!!

リーフやV37スカイライン・ハイブリッドは
荒れたゴツゴツした路面の状況を細かな振動で伝えてきますが、
プラドは細かな振動は押さえ込んでしまいます。

いつも言うように
乗り心地はとーっても良いですもんね。

そんな走り方をしても燃費は大して変わらないんですよ。

もともとレギュラーガソリンだしね。

ま、普通の燃費を意識した走りと同じです。
出だしはアクセルをしっかり踏んで
流れに乗って、滑空走行。
そんなメリハリのある走り方が良いですもんね。
もちろん制限速度(実測)は守ってくださいね。

2018年3月21日 (水)

トヨタ Safety Sense P ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドには
トヨタの運転支援システムである
Safty Sense  Pが搭載されています。

人を認識する自動ブレーキや
50㎞/h以上で作動する追従クルーズ(カルガモ走行)などの機能があります。

この機能がどうなのか、
V37スカイライン・ハイブリッドの運転支援システムとどう違うのか
自分はとても関心がありました。

その点について端的にご紹介したいと思います。

まず、大前提がランドクルーザープラドは
クロカンSUVであるということです。
オフロード(ダートから険しい山道、河原など)を走ることを
考慮して作ってあるクルマです。
オンロードばかりを走るわけではないということを
念頭に置いて、このクルマの運転支援システムを考慮する必要があります。

その1 レーンデパーチャーアラート 

はい。そのまんまです。アラートです。
・・・本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。・・・
とトヨタの説明にあります。
警告するだけで、ステアリングサポートはありません。
スイッチでこの警告をカットすることもできますが、私はONのままです。

その2 オートマチック・ハイビーム
・・・自車速度約30km/h以上で作動します。・・・
なかなか機敏に作動します。私はONのままです。

その3 レーダークルーズ・コントロール
・・・ミリ波レーダーと単眼カメラからの情報により、先行車を認識。設定した車速内で車速に応じた適切な車間距離を保ちながら追従走行ができます。設定可能な速度領域:約50km/h以上。・・・

その4 プリクラッシュブレーキ
・・・プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動。たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。・・・

特に、その3、4について関心をお持ちだと思います。
絶対に作動するとは限らないので、十分に注意しなければなりません。
実際に走っていて、一般道でも50km/hを越えるような場合、
レーダークルーズ・コントロールはONにできます。
そして、メーターパネル内にレーンキープと一緒に
前方車がアイコン(絵)で表示されている間は
クルマが認識していることになりますので、前方車の速度が下がれば
自動的に自車の速度を落としていきます。
そして、50km/h以下(実際はもうちょっと下まで)になると
前方車のアイコン(絵)が消え、レーダークルーズ・コントロールが
動作をやめたことがわかります。
それから後は、プリクラッシュブレーキシステムが作動し、
ランドクルーザープラドは、アラートを発しながら
グイグイと速度を落としていきますが、ここまで。
私は自分で足をのせたブレーキを効かせて止まります。
でも、プリクラッシュブレーキシステムはドライバーが
ブレーキを踏むかどうかを見ていると思います。

これで十分安全です。

ただし、何度も書きますが、
絶対に動作するとは限りませんので、
自分で止まる!ということを忘れないでください。

これも再度書きますが、
このクルマはクロカンSUVです。
センサーばかりになったら、
本来のチカラを発揮する場面で走れなくなるかもしれませんもの。

TZ-Gに搭載されるマルチテレインやクロールコントロールは
魅力的ですけど、自分はこの機能を使う道を積極的に走るつもりはありません。
あくまでも、
大雨や大雪や非常災害等に駆けつけるために
このクルマを選んだのですから。

2018年3月20日 (火)

リビルドバッテリーの広がりに期待

ハイブリッド車、電気自動車・・・
バッテリーの搭載は不可欠です。

そして、今の技術での主流はリチウムイオン。
その多くのバッテリーが劣化という課題を抱えています。

バッテリーの劣化は総合的な性能低下につながり、
売りである燃費も下がってしまいます。
それはV37スカイライン・ハイブリッドでも同じです。

ですから、V37スカイライン・ハイブリッドを購入する際に、
担当セールスから「バッテリーは劣化しますから」と
何度も言われたことを思い出します。
また、初代プリウスは永久保証でしたよね。

これだけハイブリッドが普及した我が国であっても
そのメインバッテリーの積み替えは結構な費用がかかります。
それで中古車業界が二の足を踏んでいましたよね。
自分が15年ほど前に買った初代プリウスも
ずっとお世話になっていたマツダのセールスさんから買ったのですが、
その取り扱いの難しさを指摘されていたことを思い出します。

そんなバッテリーが安く交換できたら・・・

つまり、補機用の鉛バッテリーのようにリビルドが
ビジネスとして定着すれば・・・と期待していたら
出てきましたね!

ソースはいつものレスポンスさんから

20/30 プリウス のバッテリーもリビルドで格安交換するアーネスト、いずれはレクサス用も…IAAE 2018

メーカーが提示する価格の半額くらいになれば、
リーフの中古車だって、きちんとした市場が出来上がると思います。

メーカー主導のリサイクルが
あんまり上手くいっていないからリーフの中古車がダメなわけで
うまく経営に乗るように進むことを期待します。

筆者 拝

2018年3月19日 (月)

Amazon Echo Plus で リーフにつなげようっと

しばらく使ってきたスマートスピーカーの
Google Home を
Amazon Echo Plusへ変更しました。

実はGoogle Homeよりも先に
Amazon Echo の招待メールが届いていたんです。
でも、スピーカーとしての音質が
サイズの大きいEcho Plusがより良いのではないか?
と思い、再度招待メールのリクエストをし、
ちょっと時間がかかったので
Google Homeを試したみたというわけです。

結論
あんまり使わなかったな・・・が本音です。

音楽を聴くことが好きなので
Spotifyの膨大な音楽は魅力的でした。
これが無料だなんて素晴らしい!
ちょっとマイナーな邦楽もバッチリでしたね。
スピーカーからそんな楽曲が流れてきたときはうれしかった。

でも、でもね。

音があんまり良くなかった。

それから
Amazon Echoシリーズはリーフにつながるんです!
この接続については、
北海道のshinさんのブログにも書かれています。
shinさん、リンクさせてくださいね。
こちらがshinさんの記事です。

リーフ スキル

今のところ、バッテリーのチェックをしたり
エアコンを入れたり、充電したり・・・ってことなんですけど。

でも、乗る前エアコンを動かすときに
いちいちスマホのアプリを起動して
ログインして・・・って、面倒くさい!とは
カミさんのことば・・・贅沢ですな(^^;)

でも、Amazon Echo だったら、
「アレクサ!リーフのエアコンを入れて・・・」
みたいに操作できるわけです。

こりゃ、楽だわ・・・。(^o^)

それから、それから!

音が良い!

BoseのSound Link Revolveには敵わないかもしれないけど
良い音で鳴ってくれるんです。
それもBluetooth接続で!!!!!
これが今のところ、Google Homeではできなかった。

考えてみれば、
自分はAmazonプライムの会員ですし、
やっぱり、アレクサの方が今のところ合っているかな。

リーフオーナーの皆さんもアレクサに話しかけていらっしゃいますか?

筆者 拝

2018年3月18日 (日)

おすすめ 柳川観光 と 立花うどん

今日も再び
九州は福岡県柳川市の立花うどんをご紹介します。

場所は、柳川の川下り発船場のすぐそば。

お店はとっても有名で
行った!って方がこのブログを訪れる方にも
いらっしゃるかと思います。

人気メニュー、看板メニューがこちら

Img_0632

肉ゴボウうどん・・・

昨日もやっぱり、僕は肉ゴボウそばにしましたけど(^^;)

ゴボウ天も旨いんですよね。
でも、このゴボウ天のトッピングも地域によって違うみたい。

それから、天かすをお願いすれば、
大きなボウルに入れてサービスしてくださいます。
これがカリッとした天かすてんこ盛りで持ってきてくださいます。
他のお客さんとシェアしながら食べるってのも
さらに雰囲気良くて美味しいですよ。

興味のある方はググってみて、ぜひ味わってみてください!
桜の便りも届くようになりました。
柳川観光をぜひぜひ!

昨日も心地よい春風の中をランドクルーザープラドで。
ムーンルーフを開けて走って爽快!!!!

あっ、そうか・・・
花粉症の方には申し訳ないですm(_ _)m

筆者 拝

2018年3月17日 (土)

高速道路を走ってみたよ!ランドクルーザープラド!

昨日、所用で九州自動車道を
ランドクルーザープラドで往復100㎞ほど走ってみました。

結論
ガソリンモデルでも実測の制限速度100㎞/hでは
全く問題がありません。

巡航でエンジン回転数が1800回転程度で
ゆったりと走って行きます。
橋などの継ぎ目も直接のショックは伝わりません。
それが心地よくって。

直進安定性もすこぶる高くて
V37スカイライン・ハイブリッドのような
レーンキープがなくても
さして支障もなく、快適です。

追い越しの際は
タコメーターが3000回転くらいに上がると
2TR-FEエンジンからは活発なサウンドがします。
このエンジンの反応をギクシャクって指摘する方もいらっしゃいますが、
直列4気筒のガソリンエンジンは元気なんです。

この2TR-FEエンジンは
排気量2.693cc
ボアストローク95.0×95.0とスクエア
163PSのパワーを5200回転で発揮します。

今日もアクセルを意識的に踏み込んでみて
4000回転以上に回してみましたが、
レスポンス良かったですね。

このガソリンモデルの巡航は気持ちよかったですし、
アクセルを踏み込みたくなるような感覚でした。

乗り心地がフワフワってご意見がありますが、
路面のうねりでも収まりは良く、
気にすることはありませんよ。
どんなダンパーを使っているのだろうと関心があります。

そうそう
インターチェンジから本線に入るまでの
アプローチでRが次第にきつくなるカーブに出くわしました。
いつものV37スカイラインの感覚で
コーナーに入っちゃったんです。
あらら、オーバースピードかなって思いましたが、
ロールにまだ余裕があったので
ノーブレーキで旋回してみました。
すると粘りますね!良い足をしています。
不安をよそ目にシューッとコーナーをクリアして
本線合流の直線に向いて姿勢良く加速していきました。

また、時折強めの風が吹いていましたが、
煽られることもなく、快適に走りましたよ。

高速道路を元気に走って、燃費はリッター9.7km程度です。

そして、適度に回すとエンジンには良いですね。
一般道ではふけ上がりが軽くなって、絶好調!!!!

ガソリンモデルのオーナーの皆さん、
そして、購入をご検討の皆さん、
ま、個人差はありますが、
安心して乗っていただいて大丈夫かと思います。

筆者 拝

2018年3月16日 (金)

ふきのとう 主が恋しいね

職場近くの一軒家

おばあさんがお一人でいらっしゃいましたが
約1年前でしょうか・・・
訪問介護が来るようになり・・・
施設に行かれたと聞きました。

職員や職場を訪問される方々が
その一軒家の前を通ります。

家の隣には大きな杉の木が数本あって
大風や大雨の後に
杉の葉が散るようになりました。
特にこの冬は茶色の杉の葉がたくさん。

自分は早めに出勤し、
竹ぼうきとテミを持ってその一軒家に足早に向かいます。

30分ぐらいでしょうか
清掃作業をすると
防寒ツナギを着ていると汗をかきます。

約1週間くらいかけて
通って掃除をしているとだいぶ綺麗な道になりました。

おばあちゃんのでしょうか、
古くなった軽自動車が車庫には止まっています。

おばあちゃんの家の前も道路に面しているところを
掃き掃除・・・

少しずつ茶色の杉の葉を取り除いて清掃をすすめると
・・・気が付きました。

Img_0613
いくつもの蕗の薹(ふきのとう)が
顔を出していました。

大きくなった杉の木の陰になった一軒家。
その庭にたくさんの蕗の薹・・・
おばあちゃんはいなくなって
時が止まった一軒家。

清掃を終えた朝に清々しい気持ちと共に
主恋しや・・・という声を聴いてちょっぴりさみしくもあります。

筆者 拝

2018年3月15日 (木)

春だ!好燃費だ!リッター10㎞オーバーだ!

昨日は暖かかったですね!
皆さんの地域はどうでした?

日中なんか
シェードをずらして
ムーンルーフを開けると
日差しが暖かいというよりも「熱い」くらい。

仕事からの帰り道は
エアコンを切って、
窓を少し開けて走りました。

途中でメーター内の
燃費計を確認すると・・・
あれ?
リッター10㎞以上で走っているよ!

こんなに良かったっけ?って
驚きながら、帰りました。

最終的に自宅に着いてから確認すると
リッターあたり10.8㎞も走っているじゃないですか!!!!!

ハイブリッドのスカイラインよりも
そりゃ、悪いですけどね。

2トンを超えるボディを
2.7リッターのレギュラーガソリンモデルが
引っ張るのですから悪くて当たり前。
いや、むしろよく走っていると思います。
エンジンは少々の上り坂で遠くでグオオォ・・・って音を立てていますが、
それを忘れさせるくらいの乗り心地です。

やっぱり、春って好燃費の季節。
皆さんもきっと実感されていますよね!

筆者 拝

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索